関東の背開き、関西の腹開き。うなぎの割き方が違う理由。

ご存知の方も多いと思いますが、関東のうなぎの割き方は背開き。関西のうなぎの割き方は腹開きです。

「江戸は幕府のおひざ元、切腹をイメージさせる腹開きは武士たちに嫌われた。だから背開きなんだよ」

という説をよく聞きます。「なるほど~」という気もしますが、冷静に考えると他の魚は腹開きです。うなぎだけ背開きっていうのも変な話です。

関西の腹開き、関東の背開き、この違いはズバリ、「蒲焼の製法の違い」によるものです。

上の写真は白焼きした鰻を蒸しあげたものですが、蒸すと余分な油が抜けるのと同時に、身も大変柔らかくなります。

ですので、身の厚い背側の部分に串を打たないと、身が柔らかすぎて串のところから身が割れてしまいます。

関西の蒲焼きは蒸さないので、柔らかすぎて串を打ったところから身が割れてしまう…なんて事がないわけです。

背開きは「うなぎを蒸してから焼き上げる関東風の蒲焼き製法」が確立される過程で、江戸時代の職人たちが編み出した工夫、合理的な技術だったのです。

江戸時代に編み出された技法が現代に続いている…。そう思うと、あらためて江戸の職人たちに感謝したい気分になりますね。

お知らせ新着記事

ブログ新着記事

よく読まれている記事

ブログカテゴリー

ブログタグ一覧

営業日カレンダー

土曜・日曜・祝祭日定休日
発送業務は、平日のみとさせていただいております。
営業時間:09:00-17:00

ご注文からお届けまで

お支払方法について

クレジットカード、Amazon Pay、代金引換、銀行振込でのお支払いが可能です。

返品・交換について

生ものですのでお客様都合での返品はお受けできません。何卒ご了承ください。

送料・配送について

全国一律送料無料
配送はヤマト運輸でお届けします。
お届けの【時間指定】承ります。