うなぎが「多価不飽和脂肪酸」で「オメガ3」ってどういうことなの?!

大五うなぎ工房うまいもの探検隊&うなぎ博士の内山です。

鰻の蒲焼き100グラム当りのエネルギーは約300Kカロリー。なんと、同じ重さの牛肉並みのカロリー!
しかも、脂質が100グラム当り24グラムとかなり多め?!

いえいえ、確かにそうなんですが、全く心配はいりません。実はうなぎに含まれる脂質は「多価不飽和脂肪酸」といい、オリーブオイルに含まれるリノール酸などと同様、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があります。また、牛や豚、鳥など動物性の脂質とは違い、常温でもサラサラと固まらない性質があります。

「多価不飽和脂肪酸」は「高度不飽和脂肪酸」とも呼ばれます。難しいちょっと馴染みのない言葉かもしれませんが、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などがこの分類と聞けば、「ああ、DHAは知っている」「EPAもそうなんだ」という方が多いはず。
また、さらに詳しく分類すると、DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸のなかの「ω-3脂肪酸」に分類されます。そう、アンチエイジング効果で話題となった「オメガ3」のこと。うなぎの脂質にはこの「オメガ3脂肪酸」がとても豊富です。
オメガ3は人間の体を正常に保つために必須の成分ですが、体内で作り出すことが出来ないため、鰻やイワシなど魚類や、オリーブ油やアマニ油、クルミなどから摂取する必要があります。

その代表的な効果は、

①血管をしなやかにして、血流を改善する効果
②脂肪の燃焼を助けて、生活習慣病を予防する効果
③脳神経細胞を活性化させる効果

などがあります。

この①~③の効果により、結果として肌が綺麗になった、冷え性が改善された、アレルギーが軽減された、記憶力がアップした、視力がアップした、情緒が安定するといった、様々な良い変化を体にもたらしてくれると言われています。

オメガ3に関して書き出すと、ものすごく長い記事になってしまうので、今回はここまでにします。詳しくは、またあらためて書かせていただきます。

うなぎの蒲焼

お気軽にコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

コメントは管理者が承認後に表示されます。(数日かかる場合があります)

※2つ以上のURLを含む文章は投稿できません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

お知らせ新着記事

ブログ新着記事

ブログカテゴリー

営業日カレンダー

土曜・日曜・祝祭日定休日
発送業務は、平日のみとさせていただいております。
営業時間:09:00-17:00

ご注文からお届けまで

お支払方法について

クレジットカード、Amazon Pay、代金引換、銀行振込でのお支払いが可能です。

返品・交換について

生ものですのでお客様都合での返品はお受けできません。何卒ご了承ください。

送料・配送について

全国一律送料無料
配送はヤマト運輸でお届けします。
お届けの【時間指定】承ります。